Dappsとは?わかりやすく解説

Dapps”Decentralized Applications”は、「分散型アプリケーション」という意味の言葉で、主にDeFiやGameFiの各種サービス(アプリケーション)を作るために使われているテクノロジーです。

本ページでは、このDappsについてわかりやすく解説します。

なお、DeFiやGameFiについては以下のページで解説しています。これらを理解しておくと、Dappsも理解しやすくなりますので、ぜひ、先に読んでおきましょう。

あわせて読みたい
DeFiとは?初心者のためのわかりやすい解説 DeFi(ディファイ)とは、"Decentralized Finance"の頭文字をとったもので、直訳すると「分散型金融」という新しい金融システムを意味する言葉です。 これに対して、従...
目次

Dappsとは

繰り返しになりますが、Dapps “Decentralized Application” とは、直訳すると「分散型アプリケーション」という意味で、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実装することができるテクノロジーです。

要するに、DeFiやGameFiのような新しいサービスを作るためのテクノロジーである、と覚えておいてください。

分散型アプリDappsには、中央集権型アプリである通常のスマホアプリやPCアプリなどと比べて、次の3つの特徴があります。

  • ブロックチェーン上に作られたオープンソースのテクノロジーである
  • スマートコントラクトによって自動的にオペレーションが実行される
  • DAO(分散型自律組織)によって運営される

なお、現状ではこれらの特徴をすべて満たしている完全なDappsは少ないです。ほとんどが、ユーザーインターフェースは通常のスマホアプリやPCアプリで作っていて、その裏側をスマートコントラクトを実装したDappsで作っている、というようになっています。

それでは、それぞれ簡単に見ていきましょう。

ブロックチェーン上のオープンソースのテクノロジー

Dappsはブロックチェーン上に実装されているオープンソースのテクノロジーです。誰も勝手にシャットダウンできず、誰でも閲覧可能なコンピューターのようなものであるとお考えください。

私たちがよく使うスマホアプリなどの通常のアプリは、ブロックチェーン上には作られていませんし、オープンソースでもありません。管理者がいつでもサービスを終了することができますし、サービスの内部で何が行われているのかは利用者は一切わかりません。

一方で、Dappsはブロックチェーン上で作られており、管理者が存在しません。そのため、特定の個人や組織が急にサービスの終了を決めるなどということはありません。また、オープンソースなため、Dapps上で行われた変更は誰でもチェックすることができます。

スマートコントラクトで自動的に実行される

Dappsでは、開発者は、ブロックチェーン上にスマート・コントラクトを書くことができます。スマートコントラクトとは、取引の双方が、中央管理者や第三者の信用の必要がなく、取引の条件をプログラミングすることが可能なコントラクト(=契約)のことです。

例えば、ハナコさんが、これからの12ヶ月間、タロウさんが1万歩移動する度に1単位のトークン(仮想通貨)を支払うという信託基金を設定したいとします。その場合、彼女は次のようなスマートコントラクトを、ブロックチェーン上にプログラムすることが可能です。

  1. 現在の歩数をチェックする
  2. 1万歩ごとに自動で1単位のトークンを送る
  3. 基金が期限を迎えるまでリピートする

なお、実際にSTEPNといって、走ることによって仮想通貨を得られるDappsゲーム(GameFi)がリリースされています。

ここで重要なことは、スマートコントラクトを使うと、中央管理者や第三者(弁護士やエスクローなど)の仲介の必要なしに、信用基金(オリジナルのトークン(仮想通貨)を発行して、アプリ内でそのトークンの受け渡しが自動的に実行される仕組み)を作ることができるということです。

これによって、仮想通貨を預け入れることによって新しい仮想通貨を得る(流動性マイニング)や、ゲームを遊ぶことによって新しい仮想通貨を得る(play-to-earn)といったことが可能になっています。

Dappsは、このようなスマートコントラクトを複数組み合わせ、より複雑になったものです。

DAO(分散型自律組織)によって運営される

先ほども少し触れましたが、分散型アプリケーションであるDappsは、中央管理者がいません。DAO “Decentlized Autonomous Organization”、つまり「分散型自律組織」によって運営されます。

DAO(分散型自律組織)は、誰か一人の手によって運営されておらず、コードによって運営されている、完全に自律的な組織です。このコードは、スマートコントラクトを土台として描かれています。

すべてが、誰もが閲覧可能なプログラミングコードによって運営されるので、従来の組織のように権力を持った一個人が不条理に変更を加えることはできませんし、過去にどのような変更が行われたのかも一目瞭然になるので、組織の透明性も守られます。

そのため中央管理者である企業や個人が、自由にアプリをアップデートするということはできません。Dappsにおいて行われるあらゆる変更は、ユーザー(=ガバナンストークンを持っている人)全体の投票によって決められます。

Dappsのメリット

あらためて、通常のスマホアプリやPCアプリと比較した時の、Dappsのメリットを整理しておきましょう。以下の通りです。

  • 変更不可能:一度ブロックチェーン上に記録された情報は誰も変更することができない。
  • 改ざん不可能:ブロックチェーン上に公開されたスマートコントラクトは誰も改ざんすることができない。
  • 透明性:Dappsを使ったスマートコントラクトは誰でも閲覧可能
  • 利用可能:イーサリアムネットワークがある限り、Dappsはアクティブであり利用可能です。

Dappsでは、一度決まった運営ルールを、管理者が勝手に変えることはできません。またデータを改ざんすることも現実的に不可能です。それらの変更にはユーザーによる投票が必要です。

以上のことから、DeFiやGameFiで得た新たなトークンやデジタル資産(NFT)を、理不尽な理由で失ってしまうということはありません。

また通常のスマホアプリやPCアプリでは、開発のスケジュールや内容が不透明だったり、メンテナンスによって稼働しない時間があったりしますが、Dappsでは、そのようなことはありません。

これらは今までのアプリにはない、Dappsならではのメリットです。

Dappsのデメリット

なお、Dappsには欠点があります。その最たるものがスケーラビリティです。

  • スケーラビリティ:Dappsは使っているブロックチェーンに限定されます。

Dappsは、ブロックチェーン上に作られるものですが、ブロックチェーンにはいくつかの種類があります。

もっとも大きなものはイーサリアム・ブロックチェーンですが、それ以外にも、ソラーナ・ブロックチェーンや、ポルカドット・ブロックチェーン、バイナンス・スマート・チェーンなどがあります。

そして一度あるブロックチェーン上に作られたDappsは、現在のところ、別のブロックチェーン上で使うことはできません。そのため、DeFiサービスやGameFiのゲームを利用したり遊んだりするときは、その度に、それぞれのブロックチェーンに対応するトークン(仮想通貨)を購入する必要があります。

また「スケーラビリティ問題」というものもあります。ユーザーが増えれば増えるほど、あるブロックチェーンの処理能力が追いつかなくなってしまうというものです。さまざまなブロックチェーンが誕生しているのは、この問題に対応するためでもあります。

Dappsとイーサリアム

2022年現在、DeFiやGameFi の Dapps のほとんどが、イーサリアムのブロックチェーン上に作られています。

例えば Compound といった最大のレンディング・プラットフォームや、Uniswapといった最大のDEX(分散型取引所)は、イーサリアムのDappsで作られています。さらに、The Sandbox をはじめとして、GameFiやメタバース業界で注目されているGameFiゲームの多くも、イーサリアムのDappsで作られています。

実際、DeFiが大きく流行した2021年にイーサリアムの価値は大きく伸びています。

イーサリアムの価格推移

そこで、ここではイーサリアムのDappsについて触れておきます。

なおイーサリアム以外に注目のブロックチェーンには、ソラーナやポルカドット、バイナンススマートチェーンなどがあります。たとえば上述のSTEPNはソラーナブロックチェーン上に作られています。これらのブロックチェーンでも仕組みは同じです。

イーサリアムの仮想通貨ETH

イーサリアム・ブロックチェーンはEther(ETH)というトークン(仮想通貨)を発行しています。

ETHは、ビットコイン(BTC)と同じように、仮想通貨であり、日々の取引で交換の媒体として使用することが可能です。そしてETHは、イーサリアムネットワーク上のDappsを利用するための費用を支払うためにも使われます。

イーサリアムネットワーク上に作られたDappsを利用することを、車の運転のように考えることができます。車を運転するためには、燃料が必要です。同じようにイーサリアム上のDapssを利用するには、ETHを使って「ガス代」と呼ばれる費用を支払う必要があるのです。

イーサリアム・ブロックチェーンとガス代

イーサリアムでは、全ての取引とスマートコントラクトの実行(=Dappsの利用)において、費用が必要になります。この費用のことをガス代と言います。技術的には、ガス代は、スマートコントラクトやオペレーションを時効するために必要となったコンピューティングパワーの総量を計測した単位です。

オペレーションの実行が困難なものになればなるほど、そのオペレーションを全うするためのガス(燃料)が必要になります。そして、ガス代はETHで支払われます。

ガス代は、ネットワークにおける需要によって上がったり下がったりします。より多くの人がイーサリアムネットワークを利用しているときは、たとえばETHを取引していたり、スマートコントラクトの取引を実行していたりする場合は、ネットワーク上のコンピューティングパワーには限界があるので、ガス代は高くなります。反対に、イーサリアムネットワークの利用者が少ない時は、ガス代は下がります。

ユーザーは、ガス代を手動で設定することも可能です。ネットワークが繁忙期のときは、マイナーたちはよりガス代が高い取引を優先して処理します。そして平均よりガス代が安い取引は、完了するまでに、より多くの時間がかかります。

ERC-20とERC-721

イーサリアムは、Dappsを作る以外のも、DAOを作ったり、他の仮想通貨を発行するためにも使えます。

DAO(分散型自律組織)は、誰か一人の手によって運営されておらず、コードによって運営されている、完全に自律的な組織です。この運営コードは、スマートコントラクトを土台として描かれています。そして、運営上の決定は、DAOトークンの投票によって行われます。

このトークンの規格はいくつかあります。

現在は、イーサリアムネットワークのトークンのための2つの有名なプロトコルがありますERC-20とERC-721です。これらはどちらも、イーサリアムのトークンを発行する上でのルールと基準を定義しているプロトコルです。

ERC-20トークンは、代替可能です。同じ値で交換可能という意味です。一方で、ERC-721のトークンは非代替可能です。それらはユニークであり交換不可能です。ERC-20はお金のように利用できて、ERC-721は収集品のように利用することができます。

まとめ

以上がDappsです。

Dappsは分散型アプリケーションであり、ブロックチェーン上でスマートコントラクトによって実装されるアプリです。

従来のスマホアプリやPCアプリと比べて、透明性が高く、誰でも使え、データの変更や改ざんが不可能であるという利点があります。この特徴によって、DEXにおける金融(流動性マイニングやステーキング)、GameFIにおけるNFTによる収益化などが可能になっています。

そして、2022年現在、もっとも広く使われているのがイーサリアム・ブロックチェーンです。

しかし、イーサリアムの需要の上昇とともに、大きく高騰するガス代は最も深刻な問題になっています。そして、ポルカドット・ブロックチェーン、ソラーナ・ブロックチェーンなどのよりガス代が安価なブロックチェーンを利用したDeFiやGameFiが増えています。

これに対応してイーサリアム自体は、ETH2.0というアップグレード版を紹介する計画です。ETH2.0は、シャーディング(sharding)のテクニックを利用可能にしたものです。これが完全に実装されると、ネットワークはよりスケーラブルになり、ガス代の高騰問題も解決します。

少し駆け足になってしまいましがた、以上がDappsです。ぜひ参考になれば嬉しく思います。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる