DEX(分散型取引所)とは?意味と仕組みをわかりやすく解説

DEX(Decentralized Exchange)は「分散型取引所」という意味の言葉で、仮想通貨の売買にはなくてはならない仕組みです。

これは世界中のどのような個人でも、従来の銀行と同じような金融活動を行うことを可能としたことで、非常に大きな注目を集めているDeFiにおいて根幹となる発明の一つです。

そこで当ページでは、DEXとは何か、DEXが可能とする新たな稼ぎ方である流動性マイニングとステーキングについてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にして頂けると幸いです。

なおDeFi (Decentralized Finance=分散型金融システム)については以下のページで解説しています。

あわせて読みたい
DeFiとは?初心者のためのわかりやすい解説 DeFi(ディファイ)とは、"Decentralized Finance"の頭文字をとったもので、直訳すると「分散型金融」という新しい金融システムを意味する言葉です。 これに対して、従...
目次

DEXとは

上でも述べましたが、DEXとは、”Decentralized Exchange” の頭文字をとった言葉で、「分散型取引所」という意味です。これに対して、従来の「中央集権型の取引所」のことをCEX “Centralized Exchange(シーイーエックス)”と言います。

以下がそれぞれの取引所の例です。

CEXとDEXはどちらも仮想通貨の取引所ではありますが、仕組みは全く異なります。

まず従来の中央集権的な取引所CEXでは中央管理者が必要です。中央管理者が、売り手と買い手の身分を保証したり、売りの注文情報と買いの注文情報を管理したりすることで、仮想通貨のスムーズな取引を可能としているのです。

一方で、分散型取引所DEXは中央管理者を置く必要がない画期的な仕組みになっています(この仕組みの詳しい部分については後ほど解説します)。

それでは、中央管理者を廃することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

次に、その点について見ていきましょう。

DEXのメリット

従来のCEXにはないDEXの主なメリットは次の通りです。

  • 多種多様なトークン(仮想通貨)が取引可能
  • アカウント開設が不要(個人情報保護・手数料がかからない)
  • ハッキングリスクがほとんどない

それぞれ簡単に見ていきましょう。

多種多様なトークンが取引可能

DEXの何よりものメリットは、誕生して間もないものも含めて、無限と言って良いほど様々な種類のトークン(仮想通貨)を取引できることです。一方で、CEXでは取引所に上場されている、ある程度有名なトークン(仮想通貨)しか扱えません。

そのためブロックチェーンの最先端の世界に触れるには、DEXが必要になります。

ただし、誕生して間もないトークンや無名のトークンを購入する時は十分に注意してください。この世界では、金融詐欺師的な輩が数多くいます。

新しい仮想通貨を購入する際は、そうした人々の甘い話に釣られず、自分自身で責任を持って、しっかりリサーチして、購入判断を行うようにしましょう。

アカウント開設が不要

通常の中央集権的な仮想通貨取引所では、仮想通貨の取引を始める前にアカウントを開設しなければなりません。そして、その際は、免許証などの本人確認が必要となります。

一方で、DEXでは取引を行う際に、アカウントを作成する必要はありません。本人確認すら不要です。仮想通貨を保有しているウォレットをDEXと同期させるだけで、中央管理者の必要なく、第三者の介入もなく、すぐに取引を行うことができます。

以上のことからDEXでは、個人情報が守られますし、取引手数料もかかりません(ガス代はかかります)。

ただし、CEXの場合は、たとえばアカウント情報を紛失した場合などは、中央管理者に問い合わせれば再発行してくれます。しかしDEXの場合は、自分の口座情報(DEXと紐付けるウォレットの情報)は自分自身で守らなければいけません。

ウォレットの情報(秘密鍵やニーモニックフレーズ)は、厳密に保管して、絶対に第三者に漏らさないようにしてください。

ハッキングリスクがほとんどない

DEXの大きなメリットとして、CEXのように中央管理者の破綻やトラブルに左右されないという点があります。

たとえば、2014年にはCEXのマウントゴックスが、ハッキングによって顧客が保有する75万ビットコインが消失し、経営破綻に陥りました。同様に2018年は、日本のCEXのコインチェックがハッキングされ、仮想通貨NEMが大量に流出してしまいました。

このようにCEXは、常にハッキングリスクがあります。しかしDEXでは、そもそもハッキングするべき中央管理者がいないので、このようなリスクはありません。

ただし、ウォレットの情報を聞き出そうとする詐欺は多々あります。繰り返しになりますが、DeFiにおいては自分の身は自分で守るということを強く意識してください。

DEXとCEXのそれぞれの仕組み

ここでは、CEXとDEXの仕組みについて解説します。「DeFiで仮想通貨を運用して高い利回りを得たい」と考えている方にとっては、必須の知識となりますので、必ず理解しておきましょう。

それでは解説を始めます。

CEX〜オーダーブック方式による相対取引〜

まずは従来のCEXの仕組みから解説します。

従来の中央集権的な取引所であるCEXでは、仮想通貨の取引は「オーダーブック方式」というもので成立します。

これは「板」というものを使った仕組みで、次のように機能しています。

まず、ある仮想通貨を売りたい人が、いくらでいくつ売るのかを板に書き込みます。同じように、その仮想通貨を買いたい人が、いくらでいくつ買うのかを板に書き込みます。こうやって“売り”と“買い”の距離が近づいて行き、それぞれが合致したところで売買が成立します。

板情報

以上がCEXにおける取引です。

このオーダーブック方式は、中央管理者による取引の仲介を必要とするものではありますが、実質的には、1人の売り手と1人の買い手による1対1の相対取引になっています。

しかし、オーダーブック方式は、仮想通貨の取引には本質的に不向きです。

なぜなら、仮想通貨の取引の場合は、仮想通貨を交換して終わりではなく、一つずつの取引の内容をブロックチェーン上に記録しなければならないため、時間と費用(ガス代)がかかるからです。

まず売買処理の反映は、株や為替の取引では0.001秒単位で完了しますが、仮想通貨の場合は数分かかります。さらに仮想通貨の取引では、中央管理者である取引所で手数料が発生するのに加えて、ブロックチェーンに取引を記録するためのガス代がかかるので、二重の手数料を払わなければいけません。

以上のことから、仮想通貨の取引をCEXで処理するのは効率が悪いのです。

そんな中で、仮想通貨でも、株や為替と同じように自由に素早い取引が、中央管理者の必要なく実現できるように、と考え出されたのが、自動マーケットメイカー(AMM)というプログラムです。

DEX〜自動マーケットメイカーによる取引〜

DEXでは、取引は自動マーケットメイカー(Auto Market Maker=AMM)という仕組みによって行います。これは「板」ではなく「流動性プール」というプログラムを使った取引です。

「流動性プール」とは、2種類の仮想通貨が1対1の価値になるように組み合わされたものです。

たとえば、1BTC=10ETHであるとします。そしてこの比率を保ったまま、10BTCと100ETHをどこかの誰かが拠出したとします。1BTC=10ETHなので、拠出された通貨の価値は1対1になっています。そして、これらを掛け合わせると10×100=1000になります。

この掛け合わせた数値を「不変量」と言います。不変量は、文字通り、変化することのない量です。すぐ後にあらためて触れますが、これがDEXにおける取引の中で重要な意味を持ちます。

以上が流動性プールです。ここまでを視覚的に表すと下図のようになっています。

流動性プール①

ここで、この流動性プールの前にタロウさんが登場したとします。タロウさんは、今1BTCを保有していて、それをETHに交換したいと考えているとします。

このタロウさんは、この1BTCと引き換えに、どれだけのETHを得られるでしょうか。

タロウさんは、1BTCをこの流動性プールに持ってきています。そのため、流動性プールにおけるBTCの総量は11になります。

BTCが11になったとしたら、ETHの総量はどうなるでしょうか?

ここで不変量が出てきます。先述の通り、不変量の1000は変わらないため、ETHの総量は1000÷11=90.9と求めることができるのです。

以上のことから、タロウさんは、この流動性プールにおいて、1BTCを100-91.9=9.1ETHと交換できるということになります。

これで、もともと1対10だったBTCとETHの交換比率は、1対9.1に更新されました。

この取引の後の流動性プールの状況を示したものが下図です。

流動性プール②

これがDEXにおける仮想通貨取引の仕組みです。

なお、さらに交換が進むと、交換比率は下図のようなカーブを描きます。

ご覧のように、BTCからETHへの交換を進めていけば、ETHの価値が上がっていきます。1BTCずつ交換を繰り返していけば、最終的に交換比率は、1BTC=10ETHから1BTC=5ETHにまで変化します。

反対に、ETHからBTCへの交換を進めていけば、BTCの価値が上がっていきます。1ETHずつ交換を繰り返していけば、最終的に交換比率は1BTC=10ETHから1BTC=100ETHにまで変化します。

このように流動性プールでは、ある仮想通貨ペアの価値は、決められたアルゴリズムに則って、需給のバランスで即座に数学的に決まるようになっているのです。

それによって、従来の中央集権的な取引所が介在しない仮想通貨取引ができるようになっています。

このAMMの仕組みがとても画期的なものだったので、この発明以降、様々なDEXが生まれることになりました。

DEX vs. CEX

あらためてDEXとCEXの違いをまとめておきましょう。

CEXにおける伝統的なオーダーブック方式では、個々の取引は本質的には相対取引です。そして、取引を仲介するための中央集権的な管理者(仮想通貨取引所)が必要です。

そのため、取引の度に管理者に手数料を支払う必要があります。

一方で、DEXにおける、AMM方式では、個々の取引は、本質的には相対取引ではありません。買い手と流動性プールというアルゴリズムとの間の取引です。ピアツーコントラクトの取引であるともいえます。

この流動性プールの仕組みによって、「仮想通貨同士の間では取引が成立しにくい」「取引記録をブロックチェーン上に書き込むのに時間がかかる」などといった問題が解決し、DEXが飛躍的に普及することに繋ったのです。

実際に使ってみると体感できますが、CEXでは取引の反映に短くても数分かかる一方で、DEXでは取引は一瞬で反映されます。

DEXによって可能となった稼ぎ方

DEX(DeFi)が誕生したことによって、金融的に個人個人が今までにない稼ぎ方をできるようになりました。簡単に言うと、個人でも従来の銀行のように、「お金でお金を生み出す」ということが可能になったのです。

その方法として、現時点では、大きく以下の2つがあります。

  • 流動性マイニング(Liquidity Mining)
  • ステーキング(Staking)

それぞれ解説します。

流動性マイニング(Liquidity Mining)

流動性マイニングとは、保有する仮想通貨をDEXの流動性プールに預けることで、その見返りとして新たな仮想通貨(ガバナンストークン)を入手できるというものです。

これは自動マーケットメイカーとともに、DEXの普及を爆発的に後押しした稼ぎ方の仕組みです。

たとえばUniswapというDEXは、ユーザーが仮想通貨を提供すると(=流動性の提供)、その見返りとしてUNIという仮想通貨(ガバナンストークン)を発行することにしました。結果、2020年9月から11月まで行われて、累計で600億ドル相当ものUNIが発行されました。

要するに、ユーザーはUniswapに何らかの仮想通貨を提供するだけで、新しい仮想通貨UNIを得られるということです。

これが流動性マイニングです。

もちろん、このUNI自体も取引が可能です。実際、その価値は10倍以上に高騰しましたので、初期にUniswapで流動性マイニングを行なった人は大きな利益を得ることになりました。

ちなみに、このようにDeFiの仕組みを用いて、個人でも従来の銀行がやってきたように、流動性の提供や貸付(レンディング)で稼ぐ手法の総称を「イールド・ファーミング」と言います。

なぜ流動性「マイニング」?
余談ですが、流動性「マイニング」と名付けられた理由についても解説しておきましょう。ブロックチェーンの世界において。何もないところから仮想通貨を入手するには、通常はマイニングという作業が必要でした。その中で、流動性マイニングも何もないところから仮想通貨を入手する新しい手段となることから「マイニング」という語がつけられたというわけです。

流動性マイニングのリスク:インパーマネント・ロス

流動性マイニングで、新しい仮想通貨を入手することができますが、もちろんリスクがないわけではありません。「インパーマネント・ロス」というリスクがあります。

なお第一のリスクは、入手できる新しい仮想通貨(トークン)の価格ボラティリティが非常に高いことですが、これは仮想通貨全体に言えることですので、あらためて解説する必要はないでしょう。

インパーマネント・ロスは、流動性マイニングとして預けた2つの仮想通貨ペアの価値が変動すればするほど損失が発生するというものです。

例を見てみましょう。

まずAさんの資産状況は次の通りだとします。

  • 現在の相場は、1BTC=50ETH
  • Aさんは10BTCと500ETHを保有(総額1000ETH相当)
  • 不変量は5,000

このあと、BTCの需要が増えて、その価値が2倍の1BTC=100ETHになったとします。このとき、Aさんが流動性プールに仮想通貨を拠出していなかったとしたら、資産総額は総額で1500ETH(10BTC+500ETH)になりますね。

それではAさんが、同じ資産を流動性プールに預けていた場合はどうなるでしょうか。

この場合、不変量が5,000を保つように両通貨の量が変わるので、流動性プールとしては、7.07BTCと707ETHへの組み合わせへと変化します(7.07*707=5,000)。そして、この時点の相場では、7.07BTC=707ETHの価値になっているため、Aさんは合計で1414ETHの資産を持っていることになります。

つまり、このケースでは、1500ETH-1414ETH=86ETHの損失が出てしまっていることになります。これが、流動性プールの仕組み自体がもつ避けられない損失(インパーマネントロス)です。

2つの仮想通貨の価値(交換比率)が1対1のときは、インパーマネント・ロスは発生しません。しかし、一方の通貨が5倍(500%)になると、インパーマネント・ロスは25%も発生します。

なお、両方の仮想通貨でステーブルコインを選べば、インパーマネント・ロスはほとんど発生しません。しかし、その場合は流動性プールから得られる利子などの報酬はかなり低く設定されます。

表面的な利回りやガバナンストークンの配布だけに目を奪われるのではなく、インパーマネント・ロスの仕組みを理解した上で、最終的な損益を考えるようにしましょう。

ステーキング(Staking)

ステーキングは、簡単に言うと、仮想通貨を一定期間預け入れることで、その対価として収益を得るという仕組みです。

流動性ファーミングと似ていますが、その背景やメカニズムが異なります。

これまでは”Proof of Work (PoW)” といって、仮想通貨をマイニングする際には、膨大な電力とコンピューティングパワーを費やしていました。この仕組みを改めて、仮想通貨を多く持っている人ほど、「マイニングできる権利」が割り当てられる可能性を高くする仕組みへと移行しています。これを”Proof of Stake (PoS)” と言います。

ステーキングとは、この「マイニングできる権利」を預け入れることで対価を得るという仕組みです。

そのため、すべての仮想通貨がステーキングに対応しているわけではありません。後で説明するPoSに対応している仮想通貨のみ可能です。

ステーキングを提供しているサービスについて、実際の相場を見てみましょう。バイナンスというサービスで例示します。

この画面には、5種類の仮想通貨についてのステーキング相場が表示されています。

例えば一番上のBUSDは年利換算で13.33%という水準が表示されています。これは120日間預ける前提での利率です。これをフレキシブルロックにすると3.21%になります。

定期預金と同じで、預ける期間が長いほど利率も高くなります。

もちろん、BUSDを含めて仮想通貨の価値自体が安定しておらず、頻繁に乱高下するので、利率よりもキャピタルゲイン(ロス)の方が大きくなる可能性が高いです。

とはいえ、ガチホの場合など、単に保有してキャピタルゲインを狙うだけではなく、ある程度の期間を決めてステーキングも行うことで、さらに利回りを高くすることができます。

まとめ

以上がDEXです。

まとめると、DEXは、従来の中央集権型の取引所における中央管理者の必要性を排した、新しい形の分散型取引所です。

中央管理者が不要となったことで、手数料が不要となり、ハッキングリスクもなくなりました。さらに、誕生したばかりのものも含めて、あらゆるトークン(仮想通貨)が売買可能になっています。

そして、DEXによって、個人でも、流動性マイニングやステーキングなどの新しい金融手法で、仮想通貨を使って仮想通貨を手に入れることができるようになっています。

しかしDEXには、詐欺的なトークンを購入してしまうリスクや、DEXと紐付けるウォレットの情報を紛失すると二度と復旧させることができない(ウォレットの中にある仮想通貨やNFTを全て永久に失ってしまう)リスクなどがあります。

このようなリスクに対しては、DYOR(Do Your Own Research)で十分に調べて、自己責任で対応しましょう。

以上の点を頭に入れた上で、ぜひDEXに触れてみてください。代表的なDEXは以下の通りです。

  • Uniswap
  • Pancakeswap
  • Sushiswap



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる