Pythonの数値操作に関して知っておきたい全記事まとめ

このページでは、Pythonの数値について、主に初心者が、確実に押さえておきたい知識や技術をまとめています。

Python 2 と Python 3 のどちらでも対応できるように、両者の数値の扱いの違いについても、触れていきながら解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

1. Pythonの数値計算の基本

この記事では、Pythonの学習を始めた初心者の方に対して、Pythonの数値についての基礎知識と、数値計算の基礎を解説しています。

この記事で得られる主な知識
・Pythonの数値の3つの型
・数値計算で使う基本的な演算子
・Python 3 と Python 2 の数値の扱いの違い
この記事で得られる主な技術
・様々な計算方法
・変数に数値を代入する方法

ぜひ、一番最初にお読みください。

「初心者のためのPythonの数値計算の基礎知識」を読む。

2. Pythonの数値の桁数や丸めなどの操作まとめ

この記事では、Pythonで数字を表示する時に、キレイに見せるために、よく使うことになる3桁ずつの位取りの方法や、小数点以下の桁数指定の方法を、詳細に解説しています。

この記事で得られる主な技術
・round()関数を使って数値を丸める方法
・format()メソッドの様々な使い方
・fプリフィクスの様々な使い方

全て使用頻度の高いものですので、しっかりと抑えておきましょう。

「Pythonの数値の桁数や丸めなどの操作まとめ」を読む。

3. Pythonの数値を様々な型に変換する方法まとめ

この記事では、数値を様々な型に変換したり、切り上げ/切り下げたり、進数変換した上で文字列化する方法など、様々な技術を解説しています。

この記事で得られる主な技術
・int()関数を使って小数や文字列を整数化する方法
・ceil(), floor()関数による数値の切り上げや切り下げ
・bin(),oct(),hex()関数による数値の進数変換

ぜひ、目を通しておきましょう。なお、数値を文字列に変換する方法については、別に、「Pythonの数値を文字列に変換する方法」で解説しています。

「Pythonの数値を変換する色々な方法まとめ」を読む。

4. Pythonで数値を判定する方法まとめ

Pythonでコードを書く上で、数値の型の判定や、文字列内の数値の種類の判定などが必要になってくることが多々あります。

この記事で得られる主な技術
・type()関数を使って数値の型を判定する方法
・isdigit()メソッドで文字列の数値を判定する方法
・isdecimal()メソッドで文字列の数値を判定する方法
・isnumeric()メソッドで文字列の数値を判定する方法

この記事に目を通して、必要に応じて、活用できるようになりましょう。

「Pythonで数値を判定する方法まとめ」を読む。

5. まとめ

Pythonで数値を扱わないということはありえません。それぞれ、しっかり理解を深めておきましょう!



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる