1. Home
  2. プログラマーのための線形代数
  3. 線形代数とは何か

線形代数とは何か

線形代数は数学の一分野であり、機械学習を深く理解するために必要不可欠な学問です。もちろん機械学習だけに限らず、科学技術のあらゆる分野でなくてはならない学問です。ただし多くの人は、線形代数はとても難しいもののように思われていることと思います。しかし、線形代数の基礎からしっかりと理解して、一つひとつ順番に学んでいくと、実は非常にシンプルな学問であることがわかります。

この「線形代数とは何か」は、そのための第一章であり、以下の 4 つのパートから成り立っています。

これらの 4 つのパートをご覧いただくと、次のようなことがわかります。

本章を読むことでわかること

  • 線形代数は「データのための数学」であること
  • 線形代数では、データをベクトルや行列で表すこと
  • プログラマーにとっては、ベクトルや行列は単なる「数字の羅列」であること
  • ベクトルや行列で表したデータを、様々に加工するための計算が線形変換であること
  • 線形代数は、元々は連立線型方程式を解くために形式化されたものであること
  • 線形代数は、現代のあらゆる科学技術分野や産業にとって必要不可欠な学問であること
  • 機械学習の中級者以上が線形代数を学ぶべき理由

ぜひ線形代数を本格的に学ぶ前の土台としてご覧になってみてください。


関連ページ