読点の使い方:良文を書くための4つのルール

読点は、文の読みやすさや分かりやすさを左右し、時には文の意味を変えてしまうことさえある。そのため、作文において読点の使い方を抑えておくことは非常に重要だ。そこで、ここではわかりやすい文を作るための読点の使い方のルールを解説する。

目次

1. 読点の使い方の4つのルール

まずは、読点を必ず打つべきケースを解説する。それは以下の4つだ。

  • 長い修飾語の間に打つ
  • 重文の境目に打つ
  • 読み誤る恐れがある場合に打つ
  • かかる語句と受ける語句が離れる場合に打つ

これらは「読点の四大原則」であり、これに従うだけで読点を打つべきケースのほとんどすべてに対応できる。よく質問に挙がるような、かぎかっこの前・接続詞の後・助詞の後に読点を打つべきかどうかといったものも、すべてこれで解決できる。

それでは見ていこう。

1.1. 長い修飾語の間に打つ

読点の使い方の第一原則は「長い修飾語の間に打つ」だ。ここで言う「長い修飾語」とは、複数の修飾語によって構成されており、ある程度の長さを有する“意味の切れ目”のことだ。なお、修飾語については『修飾語とは?主語述語との見分け方や被修飾語等の解説』でさらに詳しく解説している。

以下の文を見比べてみよう。

  • 今期の公式戦のすべてに連続出場中で、今節では見事1ゴール1アシストの活躍を見せた山田選手が今日の最優秀選手です。
  • 今期の公式戦のすべてに連続出場中で今節では見事1ゴール1アシストの活躍を見せた山田選手が今日の最優秀選手です。
  • 今期の公式戦の、すべてに連続出場中で今節では、見事1ゴール1アシストの活躍を、見せた山田選手が今日の最優秀選手です。

一つ目の文は、意味の切れ目で読点を打っており、一読して意味を理解することができる。しかし、読点を打っていない二つ目の文や、誤った場所に打っている三つ目の文は、意味を理解するまでに二読も三読も必要とする。

補足

意味の切れ目の見極め方

“意味の切れ目”は、どのように判断すれば良いのだろうか。結論から言うと、意味の切れ目は、被修飾語に対して最も収まりが良いかどうかで判断できる。

上の例文では、「山田選手」が被修飾語だ。この語句に対して最も収まりがよくなるのは、「今季の公式戦のすべてに連続出場中(の山田選手)」、「今節では見事1ゴール1アシストの活躍を見せた(山田選手)」とした場合だ。そのため、ここが“意味の切れ目”になる。

一方、意味の切れ目ではないところで区切ると、「今季の公式戦の(山田選手)」や「すべてに連続出場中で今節では(山田選手)」のように意味が通らない文字列になってしまう。

最初は迷うこともあるかもしれないが、一文ごとに読点の場所を吟味する癖をつけることが大切だ。熟練した書き手だって、一発で最適な読点の場所を導き出すことはできない。しかし彼らは、妥協せずに吟味する。

短い修飾語の間には不要

意味の切れ目に何でもかんでも読点を打てば良いというわけではない。原則として短い修飾語の間には読点を打つべきではない。以下を見比べてみよう。

  • 天然のきれいな美味しい水
  • 天然の、きれいな、美味しい水

二つ目のような不要な読点が多い文は、読んでいてわかりにくくイライラを誘ってしまう。

1.2. 重文の境目に打つ

読点の使い方の第二原則は「重文の境目に打つ」だ。「重文」とは、主語と述語を持つ文(単文)が、二つ以上結合したもののことだ。この場合は、それぞれの文の境目に読点を打つ必要がある。

以下を見比べてみよう。

  • 鳥が飛び、花が咲く。
  • 鳥が飛び花が咲く。

補足

句点と読点のどっちを使うべきか

重文の場合は、それぞれを単文にして句点(マル)で区切る書き方も検討するべきだ。例えば次の文を見比べてみよう。

  • 父は賛成し、母は反対した。
  • 父は賛成した。母は反対した。

当たり前のことだが、テンを打つ重文は一文が長くなるが、マルを打つと一文が短くなる。そのため、文のリズム感が異なる。さらに、テンでつなぐと対比関係が強調される一方で、マルを打つと事実を淡々と描写する写実的なニュアンスになる。

もう一つ以下の文も比べてみよう。

  • キング牧師は黒人の公民権運動を指揮し、ガンジーはインドの独立運動を指揮した。
  • キング牧師は黒人の公民権運動を指揮した。ガンジーはインドの独立運動を指揮した。

テンでつないだ文は、キング牧師とガンジーを対等の関係で扱っていることが強調されている。一方でマルを打った文は事実を淡々と描写している。

以上のように、テンを打って重文にするのか、マルを打って単文にするのかは、文の長さや伝えたいニュアンスによって最適な方を選ぶと良い。

重文の述語が同じ場合

結合している二つの単文の述語が同じ重文は、単文にすることができる。以下の文で確認しよう。

  • 父も喜び、母も喜ぶ。
  • 父も母も喜ぶ。

多くの場合は、重文を解消した方がシンプルでわかりやすい。以下を見比べてみよう。

  • キング牧師は黒人の公民権運動を指揮し、ガンジーはインドの独立運動を指揮した。
  • キング牧師は黒人の公民権運動を、ガンジーはインドの独立運動を指揮した。
  • 業界を知るベテラン社員も暗い顔になり、社会に出たばかりの若手も暗い顔になった。
  • 業界を知るベテラン社員も、社会に出たばかりの若手も暗い顔になった。

以上、述語が同じ重文の場合は、本当に重文で書くべきか、それとも単文で書くべきかを、文意に合わせて判断するようにしよう。

1.3. 読み誤る恐れがある場合に打つ

読点の使い方の第三原則は「読み誤る恐れがある場合に打つ」だ。読点を打つ位置によって、文の意味が左右される場合が多々ある。

早速、次の文を見てみよう。

  • 高橋刑事は必死の形相で逃げ出した犯人を追いかけた。
  • 高橋刑事は、必死の形相で逃げ出した犯人を追いかけた。
  • 高橋刑事は必死の形相で、逃げ出した犯人を追いかけた。

読点を打っていない一つ目の文では「必死の形相」になっているのが高橋刑事なのか犯人なのかハッキリしない。しかし、二つ目と三つ目の文では、読点によってかかり受け関係が明確になっているため、誰が「必死の形相」になっているのかが分かるようになっている。

補足

読点を打つ位置の違いによる、かかり受け関係の変化

読点による「かかり受け関係」の指定は、常にわかりやすいわけではない。以下の二つの文を比較してみよう。

  • ここ数十年の業界の流れを経験してきたベテラン社員も若手も、今期の業績予測を聞いて暗い顔になった。
  • ここ数十年の業界の流れを経験してきたベテラン社員も、若手も、今期の業績予測を聞いて暗い顔になった。

非常に微妙な違いに感じるかもしれないが、この文では「ベテラン社員も」の後の読点は必須だ。

その理由はわかるだろうか?

ここに読点がなければ、ベテラン社員も若手も「ここ数十年の業界の流れを経験してきた」ことになってしまうのだ。それではベテラン社員だけでなく、経験の浅い若手も、数十年もの業界の流れを経験してきたことになり、論理的に破綻してしまう。

そこで、「ここ数十年の業界の流れを経験してきた」という修飾語は、「ベテラン社員」のみにかかるのであって「若手」にはかからないことを、読点によって明示する必要がある。

ただし、このように修飾語・被修飾語のかかり受け関係を、読点のみで示す方法は良いアイデアではない。例えば、この文の場合は、次のようにして、ベテラン社員と若手の対比関係を明確にしてあげるのがベストだ。

  • ここ数十年の業界の流れを経験してきたベテラン社員も、社会に出たばかりの若手も、今期の業績予測を聞いて暗い顔になった。
読点で読み誤りを防ぐのは最後の手段

以上のように、読点によって読み誤りを防ぐことを検討する前に、語順を変えたり、別の言葉にしたり、丸点を使ったりなどを検討するべきだ。

例えば、次の文を見てみよう。

  • 本を読み終えて、彼はつと立ち上がった。

この文は、「彼はつと」の部分で一瞬混乱してしまう。こうした場合も読点を使うことができる。

  • 本を読み終えて、彼は、つと立ち上がった。

ただし、こうした場合は、語順を変えたり、別の言葉にしたり、丸点を使ったりという方法も検討するべきだ。

  • 本を読み終えて、彼はつと・・立ち上がった。
  • 本を読み終えて、彼はサッと立ち上がった。

読点を増やすよりも、こちらの方がテンポ良く読むことができる。

先ほどの高橋刑事の例文の場合も、次のように語順を並べ替えると、読点を使わずとも、読み誤りを防ぐことができる。

  • 必死の形相で逃げ出した犯人を高橋刑事は追いかけた。
  • 逃げ出した犯人を高橋刑事は必死の形相で追いかけた。

このように、読点に読み誤り防止の働きを求める前に、語順の並び替えや、言葉の吟味をするべきだ。

1.4. かかる語句と受ける語句が離れる場合に打つ

読点の使い方の第四原則は「かかる語句と受ける語句が離れる場合に打つ」だ。もともと、かかる言葉と受ける言葉を近づけることは、わかりやすい文を作るために守るべき原則の一つだ。

例として次の二つの文を見比べてみよう。

  • 私が大嫌いなハナコさんを私の親友のタカシ君にタロウ君が紹介した。
  • タロウ君が私が大嫌いなハナコさんを私の親友のタカシ君に紹介した。

明らかに前者の方が読みやすく、後者は読み間違えやすい。その理由は、下図で示している通り、かかる言葉と受ける言葉の位置関係の違いにある。

このように、わかりやすい文では、それぞれのかかり受け関係にある語句が近い。対照的に、わかりにくい文では、それらが離れていて入れ子状態になってしまっている。

以上の通り、わかりやすい文を書くには「かかる言葉と受ける言葉を近づける」という原則に従うべきだ。しかし、文章の流れ上、「タロウ君が」を先頭に持ってきたい場合がある。そのような時こそ読点の出番だ。

以下の文を見比べてみよう。

  • タロウ君が私が大嫌いなハナコさんを私の親友のタカシ君に紹介した。
  • タロウ君が、私が大嫌いなハナコさんを私の親友のタカシ君に紹介した。

わかりにくく読みづらかった文が、読点を一つ打つだけで、断然読みやすいものになることがわかる。このように、「かかり受け関係にある言葉を近づける」という本来の作文の原則と語順を逆にする場合、先頭の語句の後ろに読点を打たなければいけない。

なお、『修飾語とは?主語述語との見分け方や被修飾語等の解説』では、わかりやすい文を書くための修飾語の4つのルールを解説しているので、確認してみよう。

2. 読点の使い方についてよくある質問

読点の使い方について、次の4つのケースで迷う人はとても多い。

  • 接続詞の後
  • かぎかっこの前
  • 「が」「は」「を」などの助詞の後
  • 「と」の後

これらの場合、「接続詞があるから」とか「かぎかっこがあるから」と特別に考える必要はない。あくまでも、四大原則に従って判断すれば良いだけだ。

中には、これらの4つのケースまで、「読点を打たなくてはいけない」とか「打ってはいけない」というように原則化しようとして教えている人もいる。しかし、そうした主張には確固とした根拠がない。ヒドいものでは、「バカに見えるから打ってはいけない」という主張さえあった。これには開いた口が塞がらない。

わかりやすい文を作るというのは技術の一つだ。技術とは、適切に教えられれば、誰にでも身に付けられる技能のことだ。それなのに、そのような主観的で抽象的に過ぎる教え方をする教師を持つと、生徒は不幸になる。なんとも無責任なことだ。

それでは話を戻して、それぞれ詳しく見ていこう。

2.1. 読点を接続詞の後に打つかどうか

「または」「また」「及び」「かつ」「さらに」などの接続詞の読点の打ち方に決まりはない。以下のうち、最も読みやすいものを選べば良い。

  • AまたはB
  • A、またはB
  • A、または、B

これらを使い分ける方法だが、四大原則のうち、「長い修飾語の間に打つ」と「読み誤る恐れがある場合に打つ」に従えば良い。

以下のように、接続詞でつなぐ語句が長い場合は、読点を打った方が読みやすい。

  • 飼い主に忠誠心をもつ5歳の犬または気まぐれで奔放な3歳ネコ
  • 飼い主に忠誠心をもつ5歳の犬、または気まぐれで奔放な3歳のネコ
  • 飼い主に忠誠心をもつ5歳の犬、または、気まぐれで奔放な3歳のネコ

三つ目も「OK」にしているが、明らかに二つ目がベストだろう。

次のように読み誤る恐れがある場合には必ず打たなければならない。

  • さんままたははまち
  • さんま、またははまち
  • さんま、または、はまち

補足

接続詞を使う時は、読点よりも先に語句を工夫するべき

ただし、これでは読点が多すぎてリズム感が悪いように感じる。それでは良い文とは言えない。そこで、このような場合は、読点を打つのとは別の方法で読み誤りを防ぐ方法を検討するべきだ。

例えば、「または」を「又は」と書き換えたり、「サンマ」「ハマチ」と書き換えたりすることで、読点を使わずとも読み誤りを防ぐことができる。

  • さんま又はハマチ
  • サンマまたはハマチ
  • さんま、またはハマチ
  • サンマ、または、ハマチ

別の記事

・『接続詞の前後に読点を打つべきかどうか

2.2. 読点をかぎかっこの前に打つかどうか

かぎかっこの前の読点を打つべきかどうかだが、これについても悩む必要はない。接続詞と同じく、上で述べた四大原則のうち、「長い修飾語の間に打つ」に従えば良い。

短い文では読点を打たない方が基本的にスムーズに読める。

  • 山田さんは「それは間違っています」と言った。
  • 山田さんは、「それは間違っています」と言った。

そして、文が長くなるにつれて「打つ方が良い」に傾いていく。以下のような文では必ず打たなければならない。

  • 消極的賛成に傾いていた議場の空気を、「私は反対です」と言う山田さんの声が切り裂き、「そうだそうだ」という後押しの声が続いた。
  • 消極的賛成に傾いていた会議室の空気を「私は反対です」と言う山田さんの声が切り裂き「そうだそうだ」という後押しの声が続いた。

このように、「かぎかっこがあるから」と特別に考える必要はない。ただ「長い修飾語の間に読点を打つ」という読点の基本原則に従えば良い。

別の記事

・『鉤括弧(かぎかっこ)に読点を打つべきかどうか

2.3. 読点を「が」「は」「を」等の助詞の後に打つかどうか

「が」「は」「を」などの助詞の後に読点をつけるべきかどうかについても悩む必要はない。四大原則のうち、「長い修飾語の間に打つ」と「かかる言葉と受ける言葉が離れる場合に打つ」に従えば良い。

まず、修飾語が短い場合は打たない。

  • 青い鳥が飛ぶ。
  • 青い鳥が、飛ぶ。

修飾語が長くなる場合は読点を打つべきだ。

  • 今日10才の誕生日を迎えたハナコさんは、プレゼントに新しい服を買ってもらった。
  • 今日10才の誕生日を迎えたハナコさんはプレゼントに新しい服を買ってもらった。

修飾語の長さに関わらず、かかる言葉と受ける言葉が離れる場合にも打つべきだ。

  • 母が、今日10才の誕生日を迎えたハナコさんが買ってもらったばかりの服を、クローゼットのいちばん目立つ場所にかけることにした。
  • 母が今日10才の誕生日を迎えたハナコさんが買ってもらったばかりの服を、クローゼットのいちばん目立つ場所にかけることにした。

別の記事

・『「を」の後の読点の扱いについて

2.4. 読点を「と」の後に打つかどうか

「と」の後に読点を打つべきかどうかについても、四大原則のうち「長い修飾語の間に打つ」に従えば良い。

つなぐ語句が短いのであれば、打つ必要はない。

  • ウサギとカメ
  • ウサギと、カメ

長い修飾語を伴う場合は、打つ方がわかりやすい

  • 足は速いが怠け者で持久力のないウサギと、足は遅いが決して歩みを止めないカメ
  • 足は速いが怠け者で持久力のないウサギと足は遅いが決して歩みを止めないカメ

補足

かぎかっこの後の「と」の読点

かぎかっこの後の「と」については、例外的に次のようにルール化できる。

  • 「と言って、」「と思って、」のように、「と」の後に述語的語句が来る場合は打たない。
  • 「と、タロウ君は」のように、「と」の後に主格的語句が来る場合は打つ。

それぞれ解説しよう。

「と」の後に述語的語句が来る場合は打たない

述語的語句とは、簡単に言うと「言って」や「思って」のような動詞のことだ。「と」の後にこうした語句が来る場合は、読点は打つべきではない。

文例を見てみよう。

  • 「なんという貝だろう」と思って調べることにした。
  • 「なんという貝だろう」と思って、調べることにした。
  • 「なんという貝だろう」と、思って調べることにした。。

上二つは良いが、三つ目の文は非常に読みにくい。

「と」の後に主格的語句が来る場合は打つ

主格的語句とは、簡単に言うと名詞のことだ。「と」の後にこれらの言葉が来る場合は、そこに読点を打たなければならない。

文例を見てみよう。

  • 「先生に聞きに行きましょう」と、花子さんは走って行きました。
  • 「先生に聞きに行きましょう」と花子さんは走って行きました。
  • 「先生に聞きに行きましょう」と花子さんは、走って行きました。

このように、「と」の後ろに主格的語句が来る場合は、そこに必ず読点を打つべきだ。もし打たなければ、文法的には、例えば「花子さん」と「先生に聞きに行きましょう」の二人が「走って行く」ことになってしまう。もちろん、この文では、そのような勘違いをしてしまう人はいないだろうが、少なくとも文法的にはとても変になってしまう。

別の記事

・『「と、」か「、と」か?「と」と読点について

3. 読点である必要がないケース

最後に解説するのは、四大原則の例外だ。つまり、基本的に読点を使うが、必ずしも読点である必要がないものだ。それは次の三つだ。

  • 挿入句の前または前後
  • 呼びかけや返事、感嘆詞の後
  • 並列表記

これらの場合は、むしろ読点ではない方が良い場合も多々ある。そのため、読点の原則の例外として扱う。念のため、しっかりと解説するが、それほど重要ではないので読み流す程度で構わない。

それでは確認していこう。

3.1. 挿入句の前または前後

挿入句とは、文の途中にれるもので、文の流れを断ち切らないようなかたちで、事実や考えを補足する働きをする文字列のことだ。

たとえば以下の文で、読点に挟まれている部分が挿入句だ。

  • 戦争の悲劇とくに広島と長崎の人々のそれを想像すると心を痛めずにはいられない。
  • 戦争の悲劇、とくに広島と長崎の人々のそれを想像すると心を痛めずにはいられない。
  • 戦争の悲劇、とくに広島と長崎の人々のそれ、を想像すると心を痛めずにはいられない。

このように見比べてみると、挿入句の前または前後には読点がなければいけないことがハッキリとわかる。

しかし、読点が多い文章は読みにくくなってしまう。そこで、挿入句には、読点を打つ以外にも良い方法がないかを検討しよう。例えば、ハイフンや丸括弧を使う方法がある。

以下の文例を見てみよう。

  • 戦争の悲劇 – とくに広島と長崎の人々のそれ – を想像すると心を痛めずにはいられない。
  • 戦争の悲劇(とくに広島と長崎の人々のそれ)を想像すると心を痛めずにはいられない。

こちらの方が、それが挿入句であることをよりハッキリと示すことができる。さらには読点の多用を防ぐこともできる。こうした表記方法も検討した上で、それでも読点である必要がある場合のみ、読点を打つようにするべきだ。

補足

挿入句の使用は控える

大前提として挿入句は多用するべきではない。基本的に、挿入句を多用する文は読みにくく分かりにくいからだ。そのため、挿入句を使わなくても済むような書き方を検討するべきだ。

例えば、少し語句を工夫することで、上の文は次のように書き換えることができる。

  • 広島と長崎の人々に降りかかった戦争の悲劇を想像すると、心を痛めずにはいられない。

このように文を工夫することで挿入句を使わずとも済むし、無駄な読点を減らすことができる。挿入句を使う場合は、本当にその文体でなければならないのかを検討しよう。

3.2. 呼びかけや返事、感嘆詞の後

呼びかけや返事の「はい」「いいえ」なども含め、感嘆詞の後にも、基本的には読点を打つ。

例えば、次のようなものだ。

  • おやいらっしゃい。
  • おや、いらっしゃい。
  • 坊やおいで。
  • 坊や、おいで。
  • はいそうです。
  • はい、そうです。

ただし、これらも読点でなければいけないわけではない。句点(マル)や感嘆符でも良い。

  • おや。いらっしゃい。
  • おや!いらっしゃい。
  • 坊や。おいで。
  • 坊や!おいで。
  • はい。そうです。
  • はい!そうです。

こうした時にマルを使ってはいけないというような、とんでもない暴論も目にしたが、決してそんなことはない。マルは、テンよりも文をハッキリと区分けする働きがある。感嘆符は、テンやマルでは表せないニュアンスを加えることができる。自分の意図によって、使いわければ良い。

3.3. 並列表記の区切り記号

読点は、並列表記の際にも使うが、以下のように中点なかてんでも問題ない。むしろわかりやすい文を作る上では、並列表記であることを強調できるので、中点の方が有利だろう。

  • キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンは野菜だ。
  • キャベツ・トマト・ニンジン・ピーマンは野菜だ。

4. まとめ

最後に簡潔にまとめよう。

読点の原則は以下の四つだ。

  • 長い修飾語の間に打つ
  • 重文の境目に打つ
  • 読み誤る恐れがある場合に打つ
  • かかる語句と受ける語句が離れる場合に打つ

ほとんどのケースはこれで対応できる。接続詞やかぎかっこ、副詞の場合も、特別に考える必要はなく、これらの原則に従えば良い。

また例外として、挿入句の前後や、呼びかけや返事・感嘆詞の後の読点についても解説した。これらを例外としたのは、そもそも読点である必要がないからだ。さらに言えば、挿入句は多用すべきではない。

以上、繰り返しになるが、四大原則を抑えておけば、ほとんど全ての文を読みやすく分かりやすく書くことができる。そのため、四大原則をしっかり身に付けることに集中しよう。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる